何故「風のかたみ」なのか

 「風のかたみ」は御高承の通り福永武彦の王朝ロマン小説のタイトルである。私は学

生時代よりこの作家の作品が好きで、所謂純文学、推理小説、評伝、随筆、詩集に至る

まで粗全著書を所持している。では何故このタイトルを選んだのか。特に深い意味は無

く、ただ何となく「風」という言葉が好きっだったからだ。だが中学の同級生が学習院

大学仏文科に進学、福永教授の授業を受講し「あまりの印象の悪さに幻滅」との手紙を

くれた事もあった。

 私は数えきれない過ちの記憶と共に、このような思い出深い蔵書、レコード、楽器に

取り囲まれ生活している。これこそが私の形見なのかも知れない。

 

   跡もなき波行くふねにあらねども

      風ぞむかしのかたみなりける(風のかたみ 十七刷 より引用)

      f:id:kaze_no_katami:20180330183056j:plain