母の日

 思い返すと「母の日」に特別何かした覚えは無い。私の母はC型肝炎から肝硬変、そ

して肝癌を発症し1992年、64歳で他界した。今の医学であれば肝炎の段階で食い

止められ、もう少し長生き出来たかも知れない。

 「母の日」には何もしなかったが、それでも社会人になって寿司屋に連れて行った

り、旅行や出張の土産持参は時折していた。最期の入院の際、自ら鞄に私が贈った病気

平癒のお守りを真っ先に入れた、と父から聞いた。もっと親孝行すれば良かった。

 過去は取り返しのつかない後悔で一杯だ。

 

                                       f:id:kaze_no_katami:20180512224650j:plain