アラミスを巡る妄想

 世の中には特段芸能人でも無いのに、思わず振り返りたくなるような容姿端麗な女

性がいる。

 私が未だ二十代だった頃、勤務先に突然、短大新卒のそれこそ百人が見て百人共「可

愛い、綺麗」と言われるような女性が入社。社内のロートル始め全男性社員は皆、チャ

ン付けで名前を呼び、中にはお尻を触る不届きな先輩もいた(中さん、アンタの事だ

よ!)。そして、その美貌は同じビル内のグループ会社迄広がっていった。

 ところが私ときたら全く興味が湧かず、互いに本やレコードを貸し借りするものの、

別にそれ以上関係を深めようとは思わなかった。そんな或る日、唐突に彼女が私の所へ

やって来て、「これ、少し前に買ったのだけれど、必要無くなったので良かったら使っ

て貰える」と言いながら包みを差し出した。私は戸惑ったが礼と共に受取り、帰宅後開

けてみると、アラミスの石鹸セットだった。当時私は同社のコロンを使用していて、彼

女はその匂いを頼りに不用品を処分したものだろうと思われた。

 その後、何度か二人だけで夕食やバーに行ったり、タクシーで家まで送った事もあっ

たが、それ以上進展する事はなく、数年後、彼女は結婚し子供が出来たのを切っ掛けに

退職した。後から聞いた話によると、あの頃、彼女は失恋し傷心の日々を送っていたと

言う。多分、彼女を傷つけた愚かな男もアラミスを使っていたのだろう。

 私の対応次第では、もしかしたら人が振り返るような女性とを結ばれていたかも知れ

ない。今日、探し物をしていて収納を開いたところ、偶々手付かずの石鹸セットを見つ

け、ふとそんな事を考え微笑んでいる自分がいた。

     f:id:kaze_no_katami:20180605103346j:plain