Blossom

   今から8年前の或る日、UDOチケットサービスからメールが届いた。何とマイ・フェ

イヴァレット・ミュージシャンのキャロル・キングジェイムス・テイラーのジョイン

ト・ツアーが日本武道館で行われると言う。しかもサポートミュージシャンはダニー・

コーチマー(クーチ)g、リーランド(リー)・スクラーb、ラッセル(ラス)・カンケルdr、

とウエストコーストを代表する一流どころばかり。私にしてみれば、たとえ雨・槍が降

ろうと、また仕事をサボろうとも、これを行かない手は有り得ない。

 早速予約し、一日千秋の思いで当日を待った。そして2010年4月16日、生憎の天候

で、しかも地下鉄「竹橋駅」で降り歩いている途中、季節外れの雪が舞って来た。半ば

凍えながらアリーナ席に着くと、思ってもみない良い場所で尚更期待が膨らむ。

 いよいよコンサートが始まった。オープニングは「ブロッサム」、恐らく日本の季節

に合わせた選曲と推測されるが、雪降るこの日に限ってはミスマッチ。多分JTも当惑

したと思うが、急遽、当日のセットリスト変更が出来なかったのだろう。

 それでも両者共、年齢を全く感じさせない歌声と演奏。バックも派手さは無いが堅

実。実に素晴らしい一夜となった。

      f:id:kaze_no_katami:20180606231140j:plain

 尚、この二人をご存知無い方々の為に(恩着せがましい)YouTubeで動画を発見。私が行ったLiveでは無いが、雰囲気だけでも感じて貰えれば幸い。