八岐大蛇(神話の裏側1)

 同級生が自分のフェイスブックで、歌舞伎の「ヤマタノオロチ」に触れているを見

て、そう言えば以前私も「大蛇」について書いたような気がした。ところが何処を探し

てもそのような記事は無く、原稿すら残っていない。そんな筈は無いと言っても仕方

が無いので、改めて書く事にした。

 ご存知の通り、「八岐大蛇」は頭と尾をそれぞれ八つ持つ大蛇のことであるが、この

存在そのものは全て出雲の国に関係している(所説あり)。即ち、おぞましい姿は氾濫

を繰り返す河川であり、またスサノオに退治された後、体内から出てきた「草薙剣

天叢雲剣)は、鉄鉱石(砂鉄)の産地、且つ製鉄技術(たたら)があった事を意味し

ている。

 因みにこの剣は東国平定に向かうヤマトタケルが持ち、途中相模(駿河?)の国造

(くにのみやつこ)に騙されて草むらに火を放たれた時、剣を抜いて草をなぎ倒し火の

向きを変えたという。静岡県の草薙と焼津がその場所である。そしてその剣は安徳天皇

と共に壇ノ浦の何処かに沈んでしまい、レプリカが熱田神宮に現在もある(らしい)。

f:id:kaze_no_katami:20180710215415j:plain

 実は何故、以前書いた筈の記事が見つからないのか、その理由が判ってしまった。

「八岐大蛇」に関する記述が、ウィキペディアの「ヤマタノオロチ」の纏めに過ぎなっ

かったのである。私はブログを書く時、参考文献や辞典は見るがウィキは見ない。全く

もって傍迷惑なサイトだ。せめて一矢を報いる為に、草薙剣のいわれを書いてみた。