八朔

「はっさく」と聞いて、果物の名前と答える人は実にノーマルだと思う。また、回答が

坂本龍馬であれば、歴史のファンであろう。

 今日8月1日、TVのニュースを見ていると、京都の芸妓や舞妓さん達が挙って芸事の

師匠やお茶屋に挨拶に回る場面が映されていた。そしてこの事を恒例行事の八朔という

らしい。これは一体何事か。

 朔とは新月の事をいう。ご存知の通り新月から次の新月迄29.5日周期で、以前はそ

れをひと月とした(太陰暦)。日本語では天体の名と暦の単位も「月」とひとつで呼

ぶ。英語では前者をMonth、後者がMoonと語形変化が起きているが、元は同じである。

 何れにしろ、月の始まり1日は新月である為、これを朔、八朔は旧暦8月1日の事を

意味している。この頃、すなわち現在の9月初旬、稲穂が実り、古くから農家では、そ

の初穂をお世話になった人達へ贈る習わしがあったという。それが何らかの理由で京都

東山区祇園一帯に広まったのだろう。どちらも「恩義ある人への御礼」という点が

同じである。

f:id:kaze_no_katami:20180801230523j:plain

 尚、私は酸味の強いこの柑橘類が好物である。