GWを迎えて(1)

 今年のゴールデンウイークも、特に此れという予定は何も無い。取敢えず何をする

か、そう言えば村上春樹の「騎士団長殺し」以降、本を読んでいないような気がして、

以前から気になっていた井上円了の「妖怪玄談」を入手。タイトル、装丁共に一見トン

デモ本ぽいが、然に非ず。井上円了(1858ー1919)は幼少の頃から秀才の誉れ高く、

東京大学文学部哲学科に進学後、諸学の基礎を哲学に定め1887年、現東洋大学を創立。

迷信から真理、妖怪から宇宙へと自論を展開した。これから読み始めるのが楽しみで

ならない。

           f:id:kaze_no_katami:20180429134922j:plain