ニンドスハッカッカ

 昨年12月7日、稀代のコメディアン小松政夫が逝った。享年78歳。少し早いような気もするが肝細胞癌だったという。

 私が彼を認識する切っ掛けは遠い昔、映画評論家「淀川長治」の物まねからだった。淀川は毎週日曜日、テレビの洋画劇場の解説者として番組の始めと終わりに登場。独特の語り口で冒頭「はい、またお会いしましたネ」に始まり、本編終了後「さよなら、さようなら」で終了する。後にオフコース小田和正がこれをヒントにヒット曲「さよなら」を書いた、というのは嘘である。

 小松はその様子を、淀川に似せた太い眉毛が上下に動く仕掛けを使いながら口真似をするのであるが、これが特徴を捉えて実に面白い。そもそもこれを真似ようと思いつく着眼点が素晴らしい。

            f:id:kaze_no_katami:20210115100204j:plain

 その後「笑って!笑って!!60分」(TBS 1975.4~1981.3)の頃からは元てんぷくトリオ伊東四朗とコンビを組み、やがて「電線音頭」や「しらけ鳥音頭」を生み出した伝説のバラエティー番組 「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」(NET 1976.10~1978.3)へと繋がっていった。

 何せ放送局は当時未だ「NET」と名乗っていたテレビ朝日である。N=日本、E=教育、T=テレビの略であったなどと今時誰が覚えているだろうか。

 とにかくあの頃の伊東四朗小松政夫のコンビは突き抜けていた。PTAから「教育上好ましくない低俗番組NO.1」との批判を受けるが、それを物ともせず、片や解散に向かってひた走るキャンディーズの三人と共に更にヒートアップしていった。

 今見れば確かに小松が扮する「政太郎」は家族から寄ってたかってイジメられているみたいだが、当事者によれば全ては綿密に仕上げられた台本通りに進行していたのとの事である。 

 

 小松の死が公になった翌日、偶々ラジオの生番組に出演した元キャンディーズ伊藤蘭によれば、一昨年行われた彼女のソロコンサートに、小松は自分でチケットを手配し「小松の親分さん」さながらに真っ白なスーツを着て現れたという。

 一方、人をド突く以外然したる芸も無い自称芸人達が、こぞって思い出話を語り始め、さも小松と親しかったかのようにコメントするのを耳にした。他者の死を利用してまで自分を宣伝したいのかと、私は大切な思い出を汚されるよう気がしてならなかった。

  さて今回のタイトル「ニンドスハッカッカ」。小松の小学校の担任教諭の口癖だったそうである。一体どのような状況の中で発せられたのか。その答えは以下のYouTubeで。

 キャッホランラン!

 

 もしかしたらこのような「笑い」はいわゆる「昭和」であり、今の若い人達にとっては面白くも何ともないのかも知れない。

 しかし私にしてみれば、単なるノスタルジーではない、最も多感な頃に出会い、年齢差はありながら同時代を駆け抜けた輩のような存在だったのではないか。そんな気がしてならない。

 ここに在りし日の故人偲び、謹んで哀悼の意を表するものである。

      f:id:kaze_no_katami:20210115095955j:plain

シンクロニシティ(初回投稿2020年1月17日)

f:id:kaze_no_katami:20210116235526j:plain

 あの日から26年の歳月が流れた。それは即ち日本の人口の凡そ2割が「阪神・淡路大震災」をリアルタイムで知らない事を意味する。だが別に不思議な事ではない。私達の大部分もまた、1923年(大正12年)に起きた「関東大震災」を知らないのだから。

 しかし私の中では、我が国を揺るがしたあの大災害に対し、どこかアウトサイダー的な感覚が今もなお残っている。それは多分、あの日あの時、遠く離れた場所にいたからかも知れない。否、恐らくそうに違いない。

 以下はその当時状況を昨年記述したものである。思う所があって再掲する事とした。

 

 先ず最初に。この「シンクロニシティ」というタイトルを見て、大集団女性アイドルの歌についての記述だと思った方、申し訳ない。そうではないので悪しからず。

 さて、1995年1月、未だお屠蘇気分が抜け切らない内に、私は初めてインドネシア共和国へ向かった。目的は観光ではなく、旧通産省所管の外郭団体から委託されたF/Sの為で、経費は突き詰めればすべて税金で賄われるが、それなりの調査を行い報告書作成義務を負っていた。

 調査内容について書き始めると、それだけで紙面が尽きてしまうであろうし、また道中で起きた様々な出来事も非常に興味深く得難い体験であったが、今回の本題では無いので、いずれ機会があればご披露する事としたい。

 真冬の成田から赤道直下のジャカルタを経由、空路スマトラ島最北端の都市バンダ・アチェへ。そこからペダンまで車で南下するという行程で、所要日数は10日間。「飯はナシ、人はオラン、私はサヤ」等と呟きながら、メンバー3名並びに現地同行者と共に1月17日、最初の目的地バンダ・アチェに到着した。

 古くは港町として栄えたこの都市は、敬虔なイスラム教徒が居住する事で知られ、流石に高層ビル群は無いものの、広い大通りには美しいモスクと様々な商店が並んでいる。

 事前に治安があまり良くないとのインフォメーションがあった為、我々は集団で行動したが、中心街を歩く人々はまるでスローモーションの動画を見るように、のんびりと正にジャラン・ジャランしているのであった。

 夕食を終えホテルの部屋に入り、取敢えずテレビを点けた途端、私の目は映し出された画面に釘付けになった。

 何処か場所は定かではないが、それは間違いなく日本の都市だった。少なくとも見慣れた東京ではない事だけは確かだ。 そして、そこでは、信じられない事に、高速道路の高架が土台から倒壊している。

 大地震が発生したように見えた。しかし幾ら地震大国の日本とは言え、このような壊滅的な破壊が起きる筈はない。これはではまるでパニック映画ではないか。そう思った。

 それが私が見た、後に「阪神・淡路大震災」と命名される大災害の第一報だった。

 テレビのニュースは華僑向けの衛星放送だったのだろうか。音声は中国語、字幕はアラビア文字。もし逆であれば、漢字を見て少しは推測出来たかも知れないが、当然何を言っているのか全く理解出来ない。そのうち場面が変わると、今度はなんと大正12年に起きた「関東大震災」の白黒の記録映像である。

 私は部屋から茅ヶ崎市に住む父親に電話をかけ、大きく被害を受けたのは阪神地区である事、また倒壊したのは高速道路だけではなく新幹線や在来線の橋脚も同様との事、おびただしい数の犠牲者が出ている事などを聞いた。 

 眠れない夜を過ごした翌朝、ジャカルタに支店を置く日本の商社が国内の新聞記事をFAXで送ってくれ、連絡を取りたい人の有無を訊ねて来た。その活字を読んで漸く、何が起きたのか受け入れる事が出来た。それが私の1月17日だった。

 

 それから9年後、2004年12月26日。その日は日曜日で自宅のテレビを見ていると、ニュース速報のテロップが流れた「インドネシアスマトラ島沖で地震発生」。

 やがて現地の映像が届いた。あのゆっくりと時が流れていたバンダ・アチェの街と人々が巨大津波に飲み込まれてゆく。

 それがアチェの南南東250kmで発生した「スマトラ島沖地震」である。この天変地異はマグニチュード9.1という凄まじいエネルギーを放出し、1960年に起きた「チリ地震」の9.5に次いで2番目に大きな地震と記録された。

 更にその直後に発生した津波は、時速700kmというジェット機並みの速度でインド洋を駆け抜け、その高さは平均10m、最大34mに達し、バンダ・アチェの地形を変えたと言われている。

 取敢えず、話はそれだけである。

 これは唯「阪神・淡路大震災」が起きた日に私がいた場所が、偶々後になって大きな津波に襲われた、という事に過ぎず、そこには何ら関連性や因果関係は無く、まして私の身に起きた超常現象や怪奇現象、神秘体験などでは有り得ない。よくある偶然と言ってもいい。

 それでも今日1月17日、25年前のこの日に起きた大震災を伝える報道を見聞すると、どうしてもあのスマトラ島の景色が重なって見えてくる。

  恐らくその感覚を、スイスの心理学者カール・ダスタフ・ユングが提唱した「シンクロニシティ」と呼ぶのは間違いだろう。ただ私の意識の中では、今なお二つの災害が、時を越えて呼応し同期しているように思えてならないのである。

     f:id:kaze_no_katami:20200116185410j:plain

 2004年10月23日、震度7を記録した「新潟県中越地震」が発生。その日、滅多に海外に行く事の無い私は何故か北京にいた・・・。

凍りついた声

f:id:kaze_no_katami:20210115162328j:plain

 年明け早々今季一番の寒波が到来、北陸、上信越を中心に広範囲に渡って大雪に見舞われた。積雪は年中行事の地域とは言え、場所によっては平年の6倍も積もったらしい。

 それに伴い雪下ろし中に転落して命を落とす人も後を絶たず、亡くなった方々の多くは高齢者と呼ばれる年齢層である。

 テレビなどで「雪下ろしは2名以上で」と呼び掛けてはいたが、果たして彼等が独居老人だったのか詳細までは判らない。何れにしてもこのコロナ禍の状況下、葬儀もままならないに違いない。

 自然災害に於いて多くの痛ましい犠牲者の報道を見聞きする度、つくづく「これだけ科学が発達した今日、何か打つ手立ては無いものか」と思うが、唯、言い様も無い虚しさばかりが心に残るだけだである。

 せめてもの気分転換に、子供の頃聞いた雪に因む昔話を元にして、一大抒情詩でも書いてホッコり和もうと考え、正月ボケの頭を捻りくり回してみたが、どうもシックリこない。

 そこで念の為、「雪」「竹」「声」「凍る」をキーワードにネットを検索したところ、何と既に先人がおり、しかも私などより遥かに本格的で優れた文章、尚且つリンクフリーという太っ腹なサイトを見つけてしまった。

 ついては自前の駄文は放棄し、有難く使わせて頂く事に決めた。だが、肝の部分が借り物という今回の状況に、いつになく悔しいような安堵したような、少し複雑な気持ちなのである。

hukumusume.com

 

      f:id:kaze_no_katami:20210115075340j:plain

二十歳の頃

f:id:kaze_no_katami:20210110050204j:plain

 今週のお題は「大人になったと感じるとき」。1月11日が「成人の日」だからなのだろうが、この新型コロナ禍、各自治体は式の実施に頭を悩ましている事だろう。

 ところで「成人の日」が1月の第2月曜日となって既に久しい。以前1月15日であったものを無理やり三連休を作る為「ハッピーマンデー制度」なる法律を制定したのである。

 確かに連休ともなれば余暇の過ごし方も多様化し、延いては経済の活性化に繋がる事もあり得る。だがそれを「ハッピーマンデー」と呼ぶのは如何なものだろうか。まるで月曜日に仕事や勉学に励むことが「不幸」みたいではないか。

 とは言え「サザエさん症候群」が代表するように唯でさえ月曜日は憂鬱であるし、ましてや雨でも降ろうものならポール・ウィリアムスの名曲「雨の日と月曜は(Rainy days and Mondays)」の歌詞の如く「しかめっ面しかやる事がない(nothing to do but frown)」のである。

 などと相変わらずショーもない事をボーっと考えていたところ、ふと『自分は二十歳の頃一体何をしていたのだろう』と思うに至った。

 

 当時私は大学生で両親と同居していた。高校時代からの長髪は肩まで届いたが無精髭は殆ど伸びなかった。

 学校にはほぼ毎日登校した。次の授業まで時間があると雀荘か喫茶店で友人達と過ごし、さも意味ありげにどーでもイイ事を真面目な顔をして語らっていた。

 その頃流行っていた言葉は「フィーリング」。「フィーリングが合う」「このフィーリングなんだよね」とか「このフィーリング判らないかな」などとよく耳にした。

 そして解らない者に対しては、いかにも悲劇であるかのように同情してみせるが、実は物事を的確に説明する文言を知らない、要は自分の語彙不足をひけらかしているに過ぎなかった。それを「フィーリング」という言葉で誤魔化していただけなのだ。

 学生の本分、アルバイトは近所の小学生の家庭教師。夏休み等の長期休暇になるとマンションの建設現場で内装工事をする大工を手伝った。バイト代は当時破格の1万円/日。

 ある時、麻布十番億ションの現場でボヤ騒ぎが起き、一応関係者なので愛宕警察署に出頭して事情聴取を受けた。その際ついでに両手の指の指紋を取られてしまった為、素手で悪事を働けば直ぐに足がつくのである。

 趣味の音楽に関しては大学の同級生に誘われ、60年代のフォークソングブームの頃に発足したスチューデント・フェスティバルに加入。因みにこのサークルからは嘗て森山良子達がデビューしたそうだが、既に音楽事務所のサポートも終了、弱体化は否めず、年に2度程区民会館など公の施設を借りてコンサートを打っていた。

 それまで私は専らギターを弾いていたがバンド化する為、遅ればせながらピアノを始めた。晴れのステージデビューは今はもう無い高田馬場のライブハウス「ピープル」だった。

 成人式は役所の手違いで案内が届かず出席しなかった。届いたとしても多分行かなかったと思う。別に否定はしないがあの手の催し物は苦手だったし、今でもそうだ。

  さて、前述した破格のバイト代はどうなったか。知る人ぞ知る、知らない人は勿論知らない、4トラック・4チャンネルのオープンデッキを購入したのだ。金属製の10号リールが秒速38cmで回転する様を見るだけで背筋がゾクゾクした。

 ではそれで一体何が出来るのか。記念すべき第一作目の多重録音が辛うじて残っていた。ご一笑下されば幸甚である。


21 years old/風のかたみの日記

 二十歳の頃、出来れば音楽関連の仕事を生業にしたい等と漠然と考えていた。しかし結局、全く関係の無い職種に就職する事となった。その事に特段悔いはない。今思えば、ある意味あの時代は夢から現に目覚める迄の執行猶予期間だったのだろう。

 そして件のオープンデッキは既に処分し手元には大量のテープだけが残っている。どうしたものか。

     f:id:kaze_no_katami:20210108124816j:plain

季節の花(令和三年一月)

f:id:kaze_no_katami:20210105065857j:plain

 改めまして。明けましておめでとうございます。

 年末年始、蕎麦屋にも神社にも出かけず唯ひたすら自宅に閉じ籠っていた。何年か振りに御節料理を予約しておいたが大して旨くもなく、やたらと味が濃過ぎる。まさしくこれが本当の「せち辛い」を、年始早々に味わう羽目になってしまった。

 とは言っても家に籠ってばかりでは、ついつい般若湯の方が進んでしまう。さすがに1月3日、辛抱たまらず散歩がてらカメラを持って近くをブラブラしてみた。

 すると何と梅の蕾が綻びかけているではないか。ロウバイが開花した事は既に知っていたが、他にも今が盛りの日本水仙や錦木蓮の蕾も膨らみ始めており、この時期にしては思わぬ収穫となった。

 後はこれらの画像にBGMを付ければいつものYouTubeの出来り。今回は正月という事もあり「お箏」を使ってみようと考えた。因みに筆者が小学生の頃の住まいの真向かいには「生田流」の教室があった。(唯、それだけ)

  曲はご存知「小フーガ ト短調 BWV578」J.S. バッハ


季節の花 令和3年1月 (4K)/風のかたみの日記

 

      f:id:kaze_no_katami:20210104171525j:plain

年末御挨拶

f:id:kaze_no_katami:20201227175435j:plain

 とにかくコロナに明けコロナに暮れる一年になった。しかもその禍は衰えるどころか更なる猛威を振るい、異例の速さで開発されたワクチン接種が我が国でも始まろうとしている矢先、まるでそれを察知したかのように今度は感染力7割増の変異種が現れた。

 いい加減な情報を書く訳にはいかないが、今のところ変異種にもワクチンは有効らしく、また日常生活の対応もこれまで通りでいいらしい。と言うか、それしか手立てが無いのかも知れない。

 そも変異はウイルスの自己複製時に起きる単なるエラーに因るものだ。それでも耐性を持つ等、時として非常に巧妙でズル賢く、あたかも意志を持っているかの如く見える。「しかし」、と私は思う。ウイルスや病原菌、がん細胞などは結局のところ愚か者なのではないか。彼等は人体に取り付き増殖し、或いは伝染して仲間を増やす。だが「宿主を殺してしまえば自分も死ぬ」という最も重要且つ単純な事実を理解していないのである。

 クリスマス・イブ、そんな事を漠然と考えながらカーネルおじさんの店の行列に並んでいた。床には星空のディスタンスを示すテープが貼ってあり、皆マスクを着用しそれに従っている。いつの間にかもうすっかり見慣れた風景だ。

 漸く順番が来てオーダーする「普通のチキンを六つ」 すると若い女性店員が確認するかのように復唱した「オリジナルチキンを6ピースですね」

 『えっ、何それ。それくらいの片言ならこっちだって知ってる。でも何で言い換えなきゃあいけないのか。それとそれを言うならシックス・ピーシィスだろう』喉まで出かかった言葉をすんでの所で飲み込んだ。

 さて、今年もあと僅か。個人的には勿論何かと不自由はあったものの、風邪一つ引かずに大過なく過ごせたと思う。唯一、何故か口内炎が頻繫に出来て治らず癌研有明で組織検査をした結果、異常は認められなかった。

 ついては2020年、令和弐年の最後を飾り、お馴染みYouTubeでこの一年を振り返ってみようと思う。写真類は全て自前。BGMはウェザー・リポートのナンバーから「A Remark You Made」。演奏しているのは、ザビヌルでもショーターでもジャコでもない、我が家の機械類である。


季節の花 2020年 (4K) /風のかたみの日記

 

 それでは皆様よいお年をお迎え下さい。

      f:id:kaze_no_katami:20201227174725j:plain