中秋の名月

 ♪ そそら そら そら ウサギのダンス、タラッタ ラッタ ラッタ・・・

 このままこの歌で終わらせてもいいのだが、それではお叱りを受けてしまいそうなので、早速本題へ。

 さて、夜空で一番明るい天体「月」は、凡そ45億5千万年前、巨大隕石が地球に衝突(ディープインパクト)した際、飛び散った破片が固まって出来たと言われている。

 従って「海」と呼ばれる表面の黒い部分は、当然地球と同じように大量の水が・・・無い。(日光が当たらない極地付近には氷が少しあるらしい)

 そしてその海と白く輝く山岳部分とが織りなす模様を、日本ではウサギが餅をつく姿にたとえた。

 これが中国ではひき蛙、ヨーロッパでは木に繋がれたロバ、ロシアでは老女の横顔となり、地域や人種、文化等によって、物の見方も随分変わるものだとつくづく思う。(諸説あり)

 我が国のわらべ歌「十五夜お月様」を見て跳ねるウサギは、月にいるのか地上にいるのか定かでは無い。それはともかく、明日9月21日の十五夜は特別な十五夜である。

 ご存知の通り、十五夜(満月)は平均29.5日周期で起きる天文現象だが、これは月が地球の周りを公転している為であり、天気に恵まれれば我々は一年に12回、満月を見る事が出来る。

 では何故、明日が特別なのか。別にここ迄引っ張らなくても、最初から「中秋(旧暦八月十五日)の名月」と言えば済む話であった。(尚、「仲秋」は旧暦八月全体の事をいう)

 我々は先祖の代から、この日に、様々な収穫の恵みを天に感謝する為、ススキと団子を用意し、東の地平線から昇ってくる月を愛でて宴を催して来た。

 どうだろうか、今夜、晴れているようであれば、一千年前の貴人達に倣って、名月をツマミに一杯やっては。

 尚、満月は光度が高過ぎて、天体望遠鏡での観測には不向きと言われているので、肉眼の方が良いかも知れない。

 という事で今回は折角の機会なので、あまり写りがイイとは言えないが、これまで私が撮影した月の写真をスライドショーにしてみた。BGMはベートーヴェンドビュッシーにするか、悩ましいところであった。是非、動画をご覧になって確認願いたい。

 月に関する話は文字通り尽きないながら、今回はこの辺で筆を置くこととする。

 ・・・耳に鉢巻 ラッタ ラッタ ラッタ ラ ♪ 

www.youtube.com

 

     f:id:kaze_no_katami:20210920071707j:plain

季節の花(令和三年九月 薔薇)

f:id:kaze_no_katami:20210914211828j:plain

 流石に十日以上もブログを更新せずにいると、すっかりご無沙汰の感がある。その間、特段忙しかった訳でもなく「唯、移ろいゆく季節をぼんやりと眺めていた」などと呟けば、まるで世捨て人か仙人みたいに聞こえるかも知れない。

 とは言え、このまま放置しておくのも如何なものかと思い、漸く重い腰を上げた次第。深い意味は無いが、今回は珍しく「薔薇の花」に特化してみようと考えた。

 尚、読者諸氏の貴重な時間を無駄遣いしない為、動画の再生時間は2分20秒に抑えている。(こんな事しか自慢出来るものが無いというのも実に情けない)

www.youtube.com

 

            f:id:kaze_no_katami:20210914214241j:plain

季節の花(令和三年九月)

f:id:kaze_no_katami:20210902201615j:plain

 高校二年の夏休み、秋に行われる文化祭の打ち合わせの為、クラスの責任者だけ数名で学校に集まった。その中には私の意中の女生徒も入っていた。

 話が済んで下校する際、その旨、職員室に報告しに行くと、偶々日直で来ていた担任が、慰労として小遣いをポケットマネーから出してくれた。

 私達はそれで「かき氷」を食べに行き、残金は花火を買って、昼間にも拘らず校舎の影で花火遊びをした。(無分別な火遊びをした訳でも、校舎に火をつけた訳でもない)

 そんな他愛もない出来事が、いつしか心に残る素敵な夏の思い出に姿を変え、後に私は次のような言葉を綴って歌を作った。  

   日差しに歩く 後ろ姿が

   子供のように はしゃいでたね

   買ったばかりの 花火を振りながら

   夜までとても 待てないなんて

   あの時 言えば良かった

   君がとても 好きだって

   僕の心を 知ってるように

   君の瞳が 笑っていた

 あの日あの時、多分私は「青春」の真っ只中にいたのだろう。

 という事で、今回は駆け足で通り過ぎた遠い日の「青春」と、暑かった今年の「夏」の名残に哀愁を込めて。

(尚、いつもの通りカタカナの花名と( )内はロマンティックな花言葉

www.youtube.com

 

       f:id:kaze_no_katami:20210902184907j:plain

創作童話「木霊」(再掲)

f:id:kaze_no_katami:20210826054354j:plain

 時折、忘れた頃に「はてなブログ」から、このようなメールが届く。 

         f:id:kaze_no_katami:20210824202846j:plain

 「下書き」のストックなど全く無く、常に自転車操業状態の私としては、これを利用しない手は無い。若干の後ろめたさに目をつぶり、早速2年前に投稿した記事を、以下の通り再掲する事にした次第。

 

 「昔書いた童話」

 大学2年のある日、突然友人から「童話」を書いてくれと頼まれた。彼が所属する同人サークルの小冊子に載せる為だという。

 私は童話には殆ど興味が無く、それ迄に読んだと言えば、せいぜいサン・テグジュペリの「星の王子さま」位しか思い当たらなかった。しかもあの物語自体、童話なのかどうかも疑わしい。それでも余程暇を持て余していたのだろう、渋々ながら何故か引き受けていた。

 今回はいつもと趣向を変え、埃まみれのその原稿を引っ張り出してきた。

 

「木霊」

 僕はもう少しで泣き出しそうだった。こんなに遠く迄一人で来たのは初めてだったし、僕の大好きなお母さんからはいつも「森には恐ろしい鬼がいるから、絶対に行ってはいけません」と言われていたのに、今朝、そのお母さんと喧嘩した後、気がつくと僕は森へと続く細い一本道を歩いていた。

 だけど今日はこんなにいい天気で、木立の間から小鳥達のさえずりが『おいでおいで』と誘っているし、それに僕の思いを少しも分かってくれないお母さんを、ちょっぴり心配させてやろうという気持ちも手伝って、思い切って森の中に入って行った。

 しばらく歩いてみても鬼なんかいる様子は無く、僕は木漏れ日の当たる柔らかな草の上に寝転がって、「お母さんなんか嫌いだ」と呟いた。すると急に目頭が熱くなって涙が止めどなく流れた。そして僕はいつの間にか眠っていた。

 それからどれくらい時間が経ったのだろう。目が覚めた時はもうほとんど夜になっていた。僕は驚いて飛び起き、あたりを見回したけれど、微かな月明りではさっき通ってきた道もまるで分らず、小鳥のさえずりの代わりにフクロウの声が不気味に響いているだけだった。

 僕は急に怖くなり泣き声で「お母さーん」と叫んだ。

 すると、遠くで誰かが「お母さーん」と呼んだ。僕によく似た子供の声だった。『誰か同じように迷った子がいるのかな』

 「誰かいるの」僕は期待しながらもう一度叫んだ。

 「誰かいるの」また遠くで誰かが答えた。

 「僕はここだよ」・・・

 「僕はここだよ」・・・

 何処かにもう一人子供がいることは間違いない。この森の中で独りぼっちじゃないと分かると僕は少し元気が出てきた。

 でもその時、『森の中には恐ろしい鬼がいる』というお母さんの言葉を思い出し、あの声の主が鬼だったらと考え、僕は恐る恐る、呟くような声で聞いた。

 「君は鬼なの」

 「君は鬼なの」相手も怯えながら尋ねた。

 「僕は鬼なんかじゃないよ」僕は答えた。

 「僕は鬼なんかじゃないよ」遠くから返事が聞こえた。

 『相手が鬼じゃなくて良かった。でも待てよ、恐ろしい鬼なら僕を騙して食べちゃう事くらい朝飯前だろうな。それに、さっきから僕と同じ事しか喋らないのはどうしてだろう』

 僕はそう考え、思い切って聞いてみた。

 「君は誰だい。どうして僕と同じことしか言わないの」

 今度はすぐ近くから声がした。

 「オイラはコダマだよ」

 「コダマ」僕はびっくりして、あたりを探したけれど誰もいなかった。

 「そうコダマさ」

 「何処にいるの」

 「君の目の前の大きな木の中さ」

 「木の中で何をしているの」

 「何もしていない、時々人間が来て大きな声で呼ぶのに答えるだけさ。ところで君はどうしてこんなに夜おそく、ここにいるんだい」

 「お母さんと喧嘩してここに来たら、いつの間にか眠っちゃったんだ」

 「どうして喧嘩したんだい。お母さんが嫌いなの」

 「違うよ、お母さんは大好きさ。だけど・・・」

 「だけどどうしたの」

 「僕は新しいお父さんなんか欲しくないんだ」

 するとコダマは木の枝をゆすってカラカラと笑った。

 「何がおかしいんだい」僕は怒ってそう言った。

 「ごめんよ、だけど君は幸せだね。お母さんがいるし、お父さんだってもうすぐできるんだもの。オイラは君が生まれるずーっと、ずーっと前から、この森に一人でいるんだよ」

 「僕はお母さん一人でいいんだ」

 コダマはカラカラと笑って言った「それは困ったね。でもきっとお母さんは君の為に新しいお父さんを探して来たんだと思うよ」

 「そんなの嘘だよ。お母さんは僕なんかどうでもいいと思っているんだ。僕の事、もう嫌いなんだよ」僕は泣き出した。

 「そんなことはない。ほら今誰か君を探して森の中に入って来たよ」

 「どうしてそんな事が分かるの」

 「オイラは森の中のことはみんな分かるんだ。フクロウ君よりもね」

 するとずっと遠くから僕の名前を呼ぶお母さんの声がした。「お母さん」僕は叫んだ。それに答えるようにお母さんの大きな声が聞こえた。

 「ほら、言った通りだろう。だけどお母さんだけじゃないよ、男の人も一緒だ。きっと君のお父さんになる人だね」

 僕は何も答えなかったけれど、コダマはまたカラカラと笑った。

 「いいことを教えてあげよう。二人が迎えに来たら、君のお父さんになる人の手を握ってごらん」

 「どうして」コダマはそれには答えず「さあ、もうそこまで来ている。それじゃあ、さよなら」

 コダマがそう言い終わるとすぐ、お母さんが男の人と息を切らして駆けつけて来た。

 僕はお母さんに抱きついて泣いた。『ごめんなさい』と言おうとしたけれども、言葉にならなかった。男の人は黙って微笑んで僕を見ていた。

 「さあ帰りましょうね」お母さんは僕の手を取った。僕はコダマに言われた通り、もう片方の手を恐る恐る男の人に伸ばした。

 男の人は頷いて僕の手を握った。その手は大きくごつごつしていて、お母さんのように優しくなかったけれども、その代わり力強く暖かかった。僕もそれに負けないよう力を込めて握り返した。

 二人に挟まれて歩き出した僕は、後ろを振り向き、大きな声で「さよなら」と叫んだ。お母さんは不思議そうに僕の顔を見た。

 「コダマにさよならって言ったんだ」僕は二人を見上げて得意げに言った。

 「おかしな子」お母さんと男の人は嬉しそうに笑った。

 僕はそれに合わせてカラカラと笑う、コダマの声が聞こえたような気がした。

      f:id:kaze_no_katami:20210824200715j:plain

毎週土曜はワインの日(2)

f:id:kaze_no_katami:20210821231256p:plain

 緊急事態宣言下、相変わらず不要不急の外出は避け、基本的にSTAY HOMEを続けている。いつになるのか予想もつかないが、新型コロナウイルスが収束する頃には、お気に入りの飲食店の多くは廃業しているかも知れない。

 さてコロナ以降、私が勝手に「毎週土曜はワインの日」と決めてから、もう随分時間が経ち、今ではすっかりルーティン化した感も漂う中、問題はいつも「ツマミをどうするか」なのである。

 その気になれば料理くらい朝飯前の心算だ。しかし肝心な「その気」が出ない。如何にして手間をかけず美味しい物にありつくかが、喫緊の課題として置き去りにされたまま残っている。

 取り敢えずそれはさて置き、先ず今回用意したワインはこれ。国産の「泡」は珍しいので試しに購入してみた。

        f:id:kaze_no_katami:20210821124811j:plain

 特にツマミのアテもなくスーパーに行くと「生」と書かれた炙り鰹を見つけた。ここでいう「生」とは「冷凍物」ではないという意味。すると灰色の脳細胞に明りが灯る「そうだ。今夜の餌は鰹のタタキ」

 材料は玉葱スライスのパック(自分で切ったりさらしたりはしない)、小葱(既に刻んである)、おろし生姜(当然チューブ入り)、あとはポン酢をかけるだけ。ニンニク・スライスも欲しいところだが、後の事を考え断念した。

      f:id:kaze_no_katami:20210821124238j:plain

 勿論、これだけでは寂しいので〇ザーラお届けの「エ〇マヨのよくばりクォー〇ー」。カロリーを考え一応、生地はスーパークリスピーを選択。 

      f:id:kaze_no_katami:20210821124933j:plain

 

 それでも何か足りない。そう、最近いつも観ているBS朝日の「人生、歌がある」に、今週は「はてなブログの歌姫」山田ひかる (  myuhikaru  ) さんは出演しないのだ。

 ならば何か「夏」を感じさせる番組は、と考えたが、流石に「24時間感動押し売りテレビ」は避けたい。

 因みに「夏の風物詩」と言えば、風鈴を始め、西瓜、ヒマワリ、朝顔、海水浴 等々。色々思い浮かぶが、やはり一番は豪快な「打上げ花火」ではないかと思う。

 しかし残念な事にコロナのせいで、これも昨年から中止が相次いでいる。それでも花火を眺めながらの一杯も捨てがたい。何とか手軽に見る事は出来ないものだろうか。

 そんな事を考えていた矢先、YouTubeで知り合った misan1951 さんという方から面白そうなソフトを教えて頂いた。その名も「リアル!花火シュミレーターpro」。早速試してみた結果がこれである。今や素人でも簡単に花火のCGを作る時代なのだ。是非ご覧頂きたい。

 ところで「ワインの日」はどうなったか。取り敢えず空腹は満たされ、それなりに酩酊したような記憶はある。

 

季節の花(令和三年八月)

f:id:kaze_no_katami:20210815112122j:plain

 学生の頃、せっせとショーも無い歌を作っていた。 メロディーは意外とすんなり出来るが、歌詞の方が中々書けない。やっとの思いでデッチ上げてはみたものの、一番の詞に比べ二番目は明らかに見劣りする事が多い。そんな時は一番と二番を入れ替えて誤魔化す事もしばしばあった。

 これはその頃書いた一曲。辞書を片手に、如何にして同じ言葉を重複せずに仕上げるか。どうでもいい事に拘り、無駄に時間と労力を費やした思い出だけが残っている。

  

  それは春の日の柔らかな日差し

  決して色褪せぬ思い出の中の

  

  思わず古びた青春に

  すべては移ろい薄れてゆくと

  そんな強がり言いながら

  懐かしい憧憬に今でも跪いてる

  それは夏の日の暖かな雨だれ

  今も鮮やかに蘇る僕のこの胸に

  

  「あなたの夢を捨てないで

  もう二度と私は会わないつもり」

  そして流れた歳月に

  あの頃の微笑みを呼び戻す術もない

  それは秋の日の爽やかなそよ風

  いつも振り返る一人の夜は

 

  でも僕のこの愛を受け止めもせずに

  貴女が誰かを愛してるなんて

  

  それは冬の日の穢れない粉雪

  やがて手の中で壊れてしまう

  それはあどけない貴女の面影

  時を重ねてもあの頃のままに 

  

 さて、これとは何の脈略も無く、今回は久々に「季節の花」のYouTube。自慢出来るのは再生時間が3分を切っている事くらいか。

 尚、いつもの通りカタカナの花名の横の( )内は花言葉。出来るだけロマンティックなものを選んでみた。

 

      f:id:kaze_no_katami:20210815055526j:plain