桜の森の満開の下

 新型コロナウイルスに関する一連の出来事については、日々新たな展開を見せるので敢てここでは触れないものとする。

 さて今日3月27日は七十二候の一つ「桜始開」。併せて3(さ)x9(く)=27という語呂合わせから「日本さくらの会」が1992年に「桜の日」と制定したそうだ。本来なら桜が咲き始める時期なのだろうが、今年は観測史上最速で開花した為、既に満開となった地域もあるようだ。

 しかしながら斯かる状況下、どうしても花見の宴を開くというのであれば、自宅に桜の枝など飾ってこじんまりと行うしか手はないのである。

 尤も私自身は(勿論桜は好きだが)今まで散々このブログに写真など投稿して来た割に、所謂一般的な「お花見」をする習慣は持ち合わせていない。

 理由として先ずは煩わしい場所取り。しかも地面にシートを敷くだけでは尻や腰が辛い。加えて風が吹けば 桶屋が儲かる 埃が舞い、周囲は酔っ払いばかりで喧しく、おまけにトイレの心配もしなければならない。

 また、それとは全く別に子供の頃、坂口安吾の「桜の森の満開の下で」を読んでから「咲き誇る桜の下に行くと、あまりの美しさに正気を失うかも知れない」と一抹の不安を覚えるようになった事も挙げられる。

 更に「桜」とは直接関係無いものの、名作の誉れ高いこの小説の中の人の生首を眺める描写は、私のような小心者にとっては酷く衝撃的で、長い間その事が脳裏に焼きついて離れなくなってしまった。

 しかもそれを忘れかけた頃、今度は村上春樹の「海辺のカフカ」に登場する「猫殺し」のジョニーウォーカーが冷蔵庫に猫の生首を入れているのを読み、再びトラウマが蘇ったりもした。

 まあ普通「桜」=「生首」を連想する人など多分いないと思うが、何故か私の脳内ではそのようにシナプスが繋がってしまうのである(実際に見た訳ではない)。

 それが最近になって漸くその影が薄らぎ、何ら臆せず眺める事が出来るようになると、改めて桜の美しさが心に沁み、結果、飽きもせずせっせと撮影に出かけるようになった次第。

 すっかり前置きが長くなった。とういう事で(一体どういう事か)、直近に撮影した桜の写真でまたまたYoutubeを作成した。読者の方々のウンザリする顔が目に浮かぶようだが、「桜の日」に免じて何卒ご容赦願いたい。そして気が向いたらで構わないので以下のリンクを御覧頂ければ幸甚である。


桜の森の満開の下/風のかたみの日記

 ご高承の通り、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、首都圏では不要な外出や東京都への乗り入れ自粛の要請があった。私も善良な一市民として、これに準ずる所存である。

 そして次回からはマンネリを脱却し、少しでも違う内容にすべく思案中なので ある。

     f:id:kaze_no_katami:20200326074019j:plain

今日のソメイヨシノ・観察日記

 小学生の頃、夏休みの宿題で植物などの「観察日記」をつけた方もおられるのではないかと思う。私にもそんな記憶はあるが、一体何を観察したのか今ではすっかり失念してしまった。大方アサガオかヒマワリの種をまき、発芽から開花するまでを写生しメモを書いたのだろう。

 拙ブログではここ暫く、偶然その名を知った「安行寒桜」を追いかけてきた。桜は「年年歳歳花相似 歳歳年年人不同」の詩の如く、春の訪れを告げる美しく、そしてほんの少し切ない、自然界から届く季節の便りである。

 ところで、日本には野生種の他「自然」と「人工」の交配に因り、実に600種類もの桜が存在する事をご存知だろうか。その中で「ソメイヨシノ」は気象庁の開花観測基準となっている事もあって代表格と言える。

 この桜は江戸時代、現在の東京都豊島区駒込にあたる染井村の植木職人が「エドヒガンザクラ」と「オオシマザクラ」を交配して生まれた園芸用品種で、これが昭和30年代から40年代にかけて全国に広まり、今では「桜」と言えばこの種を指すようになったものらしい。

 さて今回、天気予報で紹介される靖国神社の開花状況を眺めながら、私はふと童心に帰り(決して幼児後退ではない)「ソメイヨシノ」の観察日記をつける事を思いついた。

 とは言ってもスマホで写真を撮るだけの、いつもの手抜き企画ではあるが、取敢えず観察する場所を一か所に固定する「定点観測」とでも書けば、少しは尤もらしく聞こえるかも知れない。

  早速3月1日から観察開始。ただ写真を撮るだけでは詰まらないので、日頃あまり活用していないTwitterに#イマソラを付けてアップする事にした。以下のその抜粋。

     f:id:kaze_no_katami:20200323074652j:plainf:id:kaze_no_katami:20200323074808j:plain
     f:id:kaze_no_katami:20200323074934j:plainf:id:kaze_no_katami:20200323075037j:plain

     f:id:kaze_no_katami:20200323075236j:plainf:id:kaze_no_katami:20200323075309j:plain

 尚、Twitterのアカウント名「OM-42PS」は、私が所有するC.F.Martin社のギターのモデル名で、詳しくここに書いている。興味がある方はご参照頂きたい。

kaze-no-katami.hatenablog.jp

  そして今やすっかりマイブームになった感のあるYoutubeを、今回また性懲りもなく作成したので御覧願えれば幸いである。   


今日のソメイヨシノ/風のかたみの日記 

     f:id:kaze_no_katami:20200323082105j:plain

久々に外食

 諸般の事情を鑑み、暫く飲食店に行く事は控えていた。しかし行けなくなると余計に行きたくなるのが人情というものだ。

 次第に募る欲求不満にどうしたものかと考えていたところ、一概には言えないものの、換気が悪い密閉空間や人混みを避ければ、外食自体はそれ程リスキーでは無い、との情報を得た。

 早速記憶を辿り上記の条件を満たしていると思しき店を推定するに至った。私の数少ない馴染みの鮨屋である。ここは店内スペースの割に座席数が少ない。電話をすると既に予約が入っているようだったが、未だ空席があり思い切って出掛ける事にした。

 という事で、そこで何を食べたのか写真を纏めスライドショーにしてみた。果たしてこれをYoutubeにする必然性があるのか我ながら甚だ疑問ではあるが、既にアップロードしてしまったので、もし良ければ御覧下頂きたい。 


久々の外食/風のかたみの日記

  ところで今般、当ブログの更なる拡充の為、視覚面の向上を目的にミラーレス一眼のカメラを購入。またビデオ作成ソフトのアップグレードを図った。

 ところが春の陽光に誘われ、新品のカメラを持ち出掛けたところ、アスファルトのひび割れに足を取られ転倒。辛うじて身体とズームレンズは無事だったがカメラのボディー本体は完全にイカレてしまい、またビデオ作成ソフトはインストールしたものの、原因不明の不具合で立ち上がらない。全くもって大災難、大散財なのである。

 多くの善男善女が不要不急の外出を自粛する中、私一人、抜け駆けして出掛けた報いか、はたまた喰っちまった呼子イカの呪いか。もしかしたらお祓いが必要かも知れない。

      f:id:kaze_no_katami:20200319192256j:plain

御礼

 2018年3月27日、私がこの「風のかたみの日記」を「はてなブログ」で起筆してから凡そ二年。気がつけば先月6日に累計アクセス数が10万に達していた。 

          f:id:kaze_no_katami:20200316072122j:plain    

 勿論有難い事に違い無いが実は当初、本件について下書きはしたものの公開は見送る心算だった。敢えて伝える程の事ではないし、第一他人のブログのPV数等に興味を持つ人は誰もいないだろう、そう思ったからだ。

 しかしよく考えてみると、この10万という数字は私が自ら積み上げたものではなく、ひとえに閲覧して下さった皆様のお陰であり、尚且つその方々が残した足跡なのだという事に気づいた。

 しかもそれは、つい怠惰に流され易い日々の生活において、絶妙なアクセントとなり、投稿を続ける上で最も重要な「モチベーション」を維持する役割をも担っていたのである。

 更に、有益な情報、深遠なる思考、崇高な志、揺ぎ無い信念、弛まぬ探求心、または秀逸な文章力など一切持ち合わせず、全く何の取柄もないこんな拙いブログでも、閲覧のみならず、過分なる「コメント」や「はてなスター」「はてなブックマーク」まで賜るという事は、私にとって決して大袈裟ではなく、ある意味奇跡に近い出来事と言える。

 これは以前にも書いた事があるが、このブログは「ですます調」を使用していない。従って、ともすれば丁寧さに欠け、尊大かつ冷淡な印象を与えてしまう可能性を危惧するが、長く親しんだ文体なので引き続きご容赦願いたい。

 また、ブログ運営については今なお暗中模索であり、写真や自作のYoutube等を貼ってみたりしているが、残念な事にどれも素人技なのでお恥ずかしい限りだ。しかし、あれこれ試みる事によって、主たる目的であった「ボケ防止」には充分役立っているのではないかと考えている。

 今後も気の向くまま好き勝手を続けてゆく所存だが、読者諸氏におかれては何卒変わらぬご支援を賜りたく、お願い申し上げる次第である。

 さて、私達は今、かって経験した事の無いような先が見えない困難な状況下に置かれている。しかし、上がらない雨も明けない夜も無いと言われて来た。末筆ながら、どうか皆様ご自愛専一に過ごされるよう重ねてお願い申し上げ、御礼の言葉とする。

 「ありがとうございました、そしてこれからも宜しくお願い申し上げます」

f:id:kaze_no_katami:20200313093128j:plain

写真は「玄界ツツジ」2020年3月

安行寒桜 (その4)北浅羽桜堤公園

  寒の戻りがあったせいで少し遅れたようだが、いよいよ本格的な桜の季節の到来である。

       f:id:kaze_no_katami:20200312050607j:plain

 とは言っても新型コロナウイルス(COVID-19)の猛威の前に「お花見」どころの話では無い。数多の桜の名所のイベントやライトアップも中止になってしまい、感染対策としてこの春は「不要不急の外出」は避け、ひたすら家で大人しくしていなければならないのだ。

 それでも私は、どうしてもこの「安行寒桜シリーズ」の決着をつけようと考え、埼玉県坂戸市のウェブサイトで「北浅羽桜堤公園」の最新情報を覗いて見た。

      f:id:kaze_no_katami:20200310180447j:plain

 するとそこには心を揺さぶる「ほぼ満開」の文字が。しかし、私とて進んでおかしな病に罹りたくはないし勿論命だって惜しい。

 そこで感染リスクを減らす為、先ずはアクセスに公共交通機関ではなく車を使い、おまけに屋根を開て、エンジンのみならず運転者自身もナチュラル・アスピレーションとする。そして出来るだけ花見客が少ないと思われる平日の早朝を狙って、後は運を天に任せるだけである。

 行き先は埼玉県坂戸市北浅羽350「浅羽桜堤公園」。そこに行けば1.2km続くという「安行寒桜」の並木道がきっとある筈だ。

      f:id:kaze_no_katami:20200310181744j:plain

 結果を報告するには、写真を何枚も貼り付けるとスクロールするのが面倒であるし、また鳴り物入りだと下手な写真も多少なりともまともに見えると思い、今回もまた動画を作成しYoutubeにアップした。ご覧願いたい。


安行寒桜 北浅羽桜堤 / 風のかたみの日記

  ところで「安行寒桜」を巡る旅も取敢えず今回で終了する。これまで沢山のアクセス、はてなスターやブックマークを賜り、誠にありがたく哀心より深謝申し上げる。

 さて、次回から何を書けばいいのか・・・暫く考えるとしよう。

      f:id:kaze_no_katami:20200311100002j:plain

安行寒桜 (その3.07)

 埼玉県の南東部に位置する川口市に「川口元郷」なる駅があるという。地図で確認すると走っているのは「埼玉高速鉄道」という名のあまり馴染みの無い路線。

 当該鉄道は、大都会「東京」とド田舎「埼玉」を隔てる荒川に架けられた「新荒川大橋」の東京側の袂、北区「赤羽岩淵」から、FIFAワールドカップ用のサッカー場埼玉スタジアム2002」があるさいたま市浦和美園」迄、総延長僅か15kmの超マイナー路線。因みに「赤羽岩淵」へは高級住宅街「目黒」から「東京メトロ南北線」が通じている。

 現在は浦和レッズサポーター専用列車となっているこの「埼玉高速鉄道」のレーゾンデートルと言えば、国内で二番目に面積が小さく、公共交通機関はバスのみで、陸の孤島かつ埼玉県のお荷物だった今は亡き「鳩ケ谷市」の救済措置の他は考えられないが、地元住民以外そんな事に興味を持つ者など誰もいる筈はない。(因みに鳩ケ谷市は2011年、川口市編入されて消滅した)

 かく言う私もこの沿線に無関心な一人だった。ところが「川口元郷駅」付近は何と先般の「密蔵院」に次ぐ「安行寒桜」の名所である、という情報を入手してしまったのだ。今や殆ど「桜」のストーカーと化した私は、早速行ってみる事にした。

      f:id:kaze_no_katami:20200308061437j:plain

        f:id:kaze_no_katami:20200307135548j:plain

  「何やら如何にもダ埼玉を象徴するかのような駅舎、しかも入口がいきなりエレベーターか」と思ったが、埼玉高速鉄道とは地下鉄だったのだ。それにしてもこの程度の設備で、朝の通勤ラッシュ等に対応出来るのだろうか。と他人事ながら心配になる。そして横をみると公園が。

        f:id:kaze_no_katami:20200307075253j:plain

  ここに植えられている樹木は「ソメイヨシノ」と思われ、未だ開花していない。更に行くと荒川水系の「芝川」。これでも立派な一級河川であり、この先荒川に注いでいる。

          f:id:kaze_no_katami:20200307074420j:plain

  そしていよいよお目当ての「安行寒桜」は?

        f:id:kaze_no_katami:20200307203159j:plain

  決してこのマンションの広告写真を撮った心算はない(念のため)。しかし道の両側は少し期待が持てる雰囲気。という事で続きはまたしてもYouTubeで。


安行寒桜 川口元郷 / 風のかたみの日記

  今回この短い桜並木を歩き、やはり坂戸市にあるという1.2Kmの並木道へ、是非行きたいものだと私はより強く思うようになった。

 尚、本文中にある「鳩ケ谷」をディスるような記述は決して本意では無く、ただ単に映画「翔んで埼玉」に感化されたに過ぎない事を申し添える。

       f:id:kaze_no_katami:20200307135510j:plain

安行寒桜 (その3)

 このブログを見た友人から「君がそんなに桜を好きだったとは知りませんでした」と連絡があった。確かに自分でも今回の「安行寒桜(アンギョウカンザクラ)」を巡る彷徨を、ここまで引き摺る事になろうとは思いも寄らない展開である。

 考えてみれば、物心がついてから幾度となく桜の開花を見て来た筈だが、近年頓にその美しさが心に沁み入り、愛おしく感じるようになった気がする。もしかしたら無意識のうちに「あと何回春の訪れに立ち会えるのだろうか」と、この世の名残を惜しんでいるのかも知れない。

 勿論、今のところ特に重篤な疾病に罹患している訳でも無く、元気溌剌とはまでは言えないにせよ至って健康である。しかしつい先日、同世代の知人の訃報を受け、日ならずそんな年代に差し掛かかりつつあるのだろうと実感した。

 さて、この「安行寒桜シリーズ」は当初今回で終わらせる心算で、その為最後は華々しく埼玉県坂戸市の「北浅羽桜堤公園」にあるという1.2kmの桜並木へ向かう計画を立てていた。

 ところがここに来て情報を集めると、開花はまだ少し先になりそうなのである。近所であれば気軽に様子を見に行く手もあるが、比較的長距離運転を要する場所なので慎重にならざるを得ない。

 ついては予定外ながら、これ迄撮影した写真等を千住明の美しい旋律に乗せスライドショーを作成、Youtubeに上げてみた。御一見賜れば誠に幸甚である。 


令和二年 安行寒桜 / 風のかたみの日記

 尚、一般的に「安行寒桜」の開花は「ソメイヨシノ」より1~2週間早いと言われている。従って来週中には坂戸の並木も見頃になるのではないかと思われる。

 ところで実は今般、遂にミラーレス一眼カメラとやらを入手した。今後は腕の悪さやセンスの無さを最新テクノロジーがカバーしてくれると期待しているが、果たしてどうなることやら。

      f:id:kaze_no_katami:20200227091322j:plain