シンクロニシティ

 先ず最初に。このタイトルを見て、大集団女性アイドルの歌についての記述だと思った方、申し訳ない。そうではないので悪しからず。

 さて1995年1月、未だお屠蘇気分が抜けない内に、私は初めてインドネシア共和国へ向かった。目的は観光ではなく、旧通産省所管の外郭団体から委託されたFSの為で、経費はすべて税金で賄われるが、それなりの調査を行い報告書作成義務を負っていた。

 調査内容について書き始めると、それだけで紙面が尽きてしまうであろうし、また道中で起きた様々な出来事は、非常に興味深く得難い体験であったが、今回の本題では無いので、いずれ機会があればご披露する事としたい。

 真冬の成田から赤道直下のジャカルタを経由、空路スマトラ島最北端の都市バンダ・アチェへ。そこからペダンまで車で南下するという行程で、所要日数は10日間。「飯はナシ、人はオラン、私はサヤ」等と呟きながら、メンバー3名と共に1月17日、最初の目的地バンダ・アチェに到着した。

 古くは港町として栄えたこの都市は、敬虔なイスラム教徒が居住する事で知られ、流石に高層ビル群は無いものの、広い大通りには美しいモスクと様々な商店が並んでいる。

 事前に治安があまり良くないとのインフォメーションがあった為、我々は集団で行動したが、中心街を歩く人々はまるでスローモーションの動画を見るように、のんびりと正にジャラン・ジャランしているのであった。

 夕食を終えホテルの部屋に入り、取敢えずテレビを点けた。そして私の目は映し出された画面に釘付けになった。

 何処か場所は定かではないが、それは間違いなく日本の都市だった。少なくとも見慣れた東京ではない事だけは確かだ。 そして、そこでは、信じられない事に、高速道路の高架が土台から倒壊している。

 地震が発生したように見えた。しかし幾ら地震大国とは言え、このような壊滅的な破壊が起きる筈はない。これはまるでパニック映画ではないか。そう思った。

 それが私が見た、後に「阪神淡路大震災」と名付けられる大惨事の第一報だった。

 番組は華僑向けの衛星放送だったのだろうか。音声は中国語、字幕はアラビア文字。もし逆であれば、漢字を見て少しは推測出来たかも知れないが、当然何を言っているのか全く理解出来ない。

 そのうち場面が変わると、今度はなんと大正12年に起きた関東大震災の白黒の記録映像である。私は部屋から神奈川県に住む父親に電話をかけ、大きく被害を受けたのは阪神地区である事、また高速道路だけではなく新幹線や在来線の橋脚も倒壊した事、おびただしい数の犠牲者が出ている事などを聞いた。 

 眠れない夜を過ごした翌朝、ジャカルタに支店を置く日本の商社が、新聞記事をFAXで送ってくれ、連絡を取りたい人の有無を訊ねて来た。その活字を読んで漸く、何が起きたのか受け入れる事が出来た。それが私の1月17日だった。

 

 それから9年後、2004年12月26日。その日は日曜日で自宅のテレビを見ていると、ニュース速報のテロップが流れた「インドネシアスマトラ島沖で地震発生」。

 やがて現地の映像が届いた。あのゆっくりと時が流れていたバンダ・アチェの街と人が巨大津波に飲み込まれてゆく。

 それがアチェの南南東250kmで発生したスマトラ島沖地震である。この天変地異はマグニチュード9.1という凄まじいエネルギーを放出し、1900年に起きたチリに次いで2番目に大きな地震と記録された。

 更にその直後に発生した津波は、時速700kmというジェット機並みの速度で海を駆け抜け、その高さは平均10m、最大34mに達しバンダ・アチェの地形を変えたと言われている。

 取敢えずは、それだけの事である。

 これは唯「阪神淡路大震災が起きた日に私がいた場所が、偶々後になって大きな津波に襲われた」という事に過ぎず、そこには何ら関連性や因果関係は無く、まして私の身に起きた超常現象や怪奇現象、神秘体験などでは有り得ない。よくある偶然と言ってもいい。

 それでも今日1月17日、25年前のこの日に起きた大震災を伝える報道を見聞すると、どうしてもスマトラ島の景色が重なって見えてくる。

  恐らくその感覚を、スイスの心理学者カール・ダスタフ・ユングが提唱した「シンクロニシティ」と呼ぶのは間違いだろう。ただ私の意識の中では、今なお二つの災害が、時を越えて同期しているように思えてならないのである。

       f:id:kaze_no_katami:20200116185410j:plain

愛と希望と勇気の日

 今朝、車のエンジンをかけるとナビが起動して「今日は1月14日、火曜日。『愛と希望と勇気の日』です」と言う。

 昔「愛と勇気と有給休暇」というキャッチコピーの「シティ・スリッカーズ」なるコメディー映画を観た記憶はあるが、調べて見るとそれとは全く何の関係も無い二匹の樺太犬の物語であった。

 1956年、我が国の第一次南極観測隊昭和基地で越冬するにあたり、犬ぞり用に樺太犬22匹を帯同した。

 翌57年、交代する第二次隊を乗せた南極観測船「宗谷」は、悪天候に阻まれ基地付近までは到達出来ず、58年2月、越冬計画を断念。搭載機で基地にいる第一次隊員は収容したが、樺太犬15匹は荷重超過になる為、置き去りにせざるを得なかった。

 果たして59年、第三次隊で新たに導入したヘリコプターは、昭和基地付近に2匹の犬がいるのを発見する。それが1月14日の事であり、発見された犬は、奇跡的に生き延びたタロ、ジロという兄弟だった。

  以上がこの「愛と~の日」の謂れである。と、ここまではすんなり判明した。ところがこの名称をいつ誰が制定したのかが判らない。それでいて「今日はXXXの日」と得意げに言うのはあまりにも無責任かと考え、日本記念日協会という社団法人のサイト等を見たりしたが、それらしき物を発見出来ず、面倒なので諦める事とした。

 ただ私見ながら、発見された時代を考えれば、そんな洒落た言い方はしないような気がしてならない。それにしても「愛」は一体どこにあるのだろうか。

 さて、幾ら悪天候とは言え、南極観測船ともあろうものが目的地に到達出来ないとは情けない。と思う方もおられる事だろう。こちらについても調べてみた。

 そもそもこの「宗谷」という船は1936年、ソ連外商部が発注し、38年に進水、竣工した耐氷構造を持つ商船なのである。

 それがその後の戦局などによって大日本帝国海軍の特務艦となり、何とあの「ミッドウェー海戦」にも参加、更にその後魚雷を被弾しながらも不発だった為沈没を免れるなど、奇跡的に終戦まで生き残った。

 戦後、南極観測船として選定されたのも、他に砕氷能力が高い船舶があったのも拘らずその強運を買われたからで、何とも全く非科学的なのである。事実、第一次の時はソ連砕氷船「オビ号」、第二次では米国の「バートンアイランド号」の援助を受けている。

 従って南極へ向かった1958年時点では、既に船齢20年を超えた老朽船であり、そんな船で運だけを頼りに南極に向かうしかなかった我が国は、やはり未だ貧しい国だった事が伺える。

 そう考えれば「勇気の日」という表現も、あながち的外れではないかも知れない。などと無理やり纏めてみたが。

 尚「宗谷」は現在、東京お台場にある「船の科学館」に展示、一般公開されている。

      f:id:kaze_no_katami:20200114154010j:plain

お正月には福食べて

  最近「忘年会スルー」や「新年会スルー」などといった言葉が、あたかも正義であるかのように語られている気もするが、こちらは相変わらず「新年会する」のである。

 勿論、若い衆を集めて偉そうにふんぞり返るような事はしない。長く付き合っている同年代の友人と、少しリッチで美味しい料理をつまみながら、互いの健康に感謝しつつ酒を酌み交わそうという趣向なのだ。

 そして選んだ肴は今が旬の「フグ」。正月なので、比較的安価に提供するチェーン店ではなく、奮発して馴染みの鮨屋に用意して貰った。

 フグと言えば猛毒テトロドトキシンが有名である。間違っても素人が調理したりしてはいけない。本当に命に関わる事になる。

 であれば無理して食べなければいいだけの話であって、ヒラメなど似たような白身魚は幾らでもあるし、実際のところポン酢醤油と紅葉おろしの味しかしないのである。と言ってしまっては身も蓋も無い。

 因みにフグの調理資格は各地方自治体毎に条例で定められており、例えば神奈川県の免許は千葉県では通用しない。唯一東京都の「ふぐ調理師」だけがオールマイティーで、全国何処でも有効らしい。

 また、大分県では多くの食通の命を奪った「肝」を食べられるという話があり、事実私も佐伯の料理屋で、ポン酢醤油に「肝」を溶いて試した事がある。その時言われたのは「口や舌が僅かにピリピリッとする」。私は判らなかったが、もし本当にそう感じたら、危ないそうだ。因みに現在は大分でも内蔵を食べる事は禁止しているらしい。

 まだ他に客も来ていなかったので、店の主とそんな「フグ談義」をした。だが料理は蘊蓄で食べるものではない。

 先ず生ビールで喉を潤したら、普段あまり飲まない日本酒をひれ酒にして、いよいよスタートである。

      f:id:kaze_no_katami:20200110074240j:plain

お通しは「数の子」と「くわいチップ」揚げた「くわい」はビールに合う。

      f:id:kaze_no_katami:20200110074456j:plain

      f:id:kaze_no_katami:20200110074112j:plain

 これを「てっさ」と呼ぶのは、関西ではフグを「てっぽう」といい、その「刺身」、即ち「てっぽうのさしみ」を略したものだという。

      f:id:kaze_no_katami:20200110074722j:plain

白子キターーーーーー。

      f:id:kaze_no_katami:20200110074809j:plain

こんな感じで焼く。

      f:id:kaze_no_katami:20200110074853j:plain

アツアツがおいちい。

      f:id:kaze_no_katami:20200110075015j:plain

お馴染み唐揚げ。

      f:id:kaze_no_katami:20200110075057j:plain

おまけは「のれそれ」(穴子の稚魚)

 以上、正月に「フク」を頂いた。 さてお題の「今年の抱負」、その一つは間違いなく美味しい物を食べる事である。

オーストラリア森林火災

 ニュース等ではあまり報じられていないが、昨年9月にオーストラリア各地で発生した森林火災が未だに鎮火せず、それどころか更に被害が拡大しているらしい。

 この火災は、例年10月から3月の間の高温と乾燥に因って、テルペンという引火性物質を代謝するユーカリの葉が自然発火するという、オーストラリア特有の気候メカニズムから発生し、ある意味では毎年恒例、日常茶飯事なのだという。

 しかし乍ら今回に限っては何時にも増して激しいようだ。これをただ単に「地球温暖化のせい」で片付けてしまうのは簡単だが、もう少し詳しくその原因を知る為には以下の説明が解り易い。

  尚、「インド洋ダイポール現象」についてはこちら。

ja.wikipedia.org

 当該現象を強めた要因として「地球温暖化」が係わっている可能性は否めないが、何れにしてもこの火災により、これまでに525万ha(なんと四国の面積の約3倍に相当)を消失、23名が死亡し、数千人が避難を余儀なくされている。

 そして被害はこれだけに止まらず、カンガルーやコアラといったお馴染みの動物も大量焼死、コアラに至っては絶滅の危機と警鐘を鳴らす学者までいる程だ。

 ネット上には動物達の水をねだる愛らしい写真が溢れ、ともすればついつい「何としても助けなければ」と感情的になりがちだが、ここは冷静に「カワイイ」から大切なのではなく、それが現在豪州にしか生息しない希少な有袋類だからだと考えたい。

 さて、ここからはいつもの殆ど何の役にも立たない私見である。

 ご高承の通りオーストラリアは今や環境問題で悪名高い化石燃料「石炭」の産出量において世界第5位であるが、現オーストラリア政府は「地球温暖化」に否定的で更なる炭鉱開発を目指し、今回の災害はそれを選んだ国民の自業自得だと冷めた目で見る向きもある。

 片や世界第4位の石炭消費国である我が国にとって、オーストラリアは輸入先第1位、実に約63%も依存しているのも事実である。

 今後オーストラリアでは2月頃まで降雨が見込まれず、ニューキャッスルやヘイポイントといった石炭積出港が集中するNSW州の火災の被害が拡大し「フォースマジュール」でもディクレアしょうようものなら、日本の石炭火力発電所の稼働さえも危うくなるかも知れない。

 何はともあれ一日も早い鎮火が望まれるところである。

  尚、今回は、地球温暖化について語る意図は無く、また 偽善的に思えるので寄付の呼び掛けはしないが、一応オーストラリア赤十字等が受け付けている事だけ申し添える。

Disaster Relief and Recovery | Australian Red Cross 

      f:id:kaze_no_katami:20200106083059j:plain

謹賀新年

 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い申し上げます。 

 また新しい一年の始まりである。先ずは無事に新年を迎えられた事に感謝し、大いに喜ぶべきであろう。という事で、年末から何やかやと理由をつけては酒を飲みまくり、すっかりこの「はてなブログ」にもご無沙汰してしまった。

 その間、書きたい事が山ほど溜まり、さぞや今年は素晴らしいスタートを切れると思いきや、投稿するにはあまりに見っともない下書きばかりなので、年始早々自己嫌悪に陥っている始末である。

 そこで初夢について書こうと画策したが、1月1日から2日の夜は酩酊の為、見た夢を覚えておらず、2日から3日にかけては午前3時24分、緊急地震速報で叩き起こされてしまった。

 かくなる上は、手抜きの写真貼り付けしか思いつかないが、年末に小生のブログを引用紹介された物を読むと、「一眼レフカメラが趣味で、撮った写真をひたすらアップしている」とあり、確かに間違ってはいないかも知れないが、「ひたすら」という言葉に若干レジスタンスしようと考え、以下のようにしてみた。

 まあ、あまり大差は無いけれどもネ。


謹賀新年 / 風のかたみの日記

       f:id:kaze_no_katami:20200103211538j:plain

2019年総括4 (書き物編)

  今年1月からこれ迄の12ヶ月間に、私はこの「風のかたみの日記」と題したブログを、凡そ4.3日に1作の割合で合計83編投稿した。

 私が閲覧させて頂いているブロガー諸氏の中には、毎日更新される方も多くいるが、遅筆の自分にはとても真似など出来ず、全く驚嘆するばかりである。

 そんな私が拙文ながらも、此処まで続けて来られたのは、一重に読者の方々から過分なる 、また沢山のブックマーク、コメントを頂いたお陰と、改めて実感している。

 私がブログを続ける理由は、文筆という行為が、衰え始めた脳の活性化の一助となるかも知れないという期待からで、決して収入を得ようなどという大それた心算は毛頭無い。今年になって有料の「はてなpro」に切り替えた目的も、アドセンス取得などでは無く、何故か勝手に表示される女性用下着の広告を止めたいが為だけであった。

 それでもアクセスやはてなスターの数が増える事は、純粋に嬉しいし、何よりの励みにもなっている。

 本ブログは、ですます調を用いない文体で書いているので、恐らく冷淡かつ、高慢で威圧的だと感じられている方も多いと思料するが、根はいたって常人のつもりであり、何卒ご容赦願いたい。

 ここに、この1年の感謝を込めて、衷心より深謝申し上げる。

「誠にありがとうございます」

 さて今回は年末特番の「総集編」よろしく、自分が書いた83篇のブログを各月から1編ずつ選び、2019年を振り返ってみようという自己満足の企画。

 選択基準は「はてなスター」等の数を参考にしつつ最終的には独断と偏見。全て既出の作の為、流石に「読んで下さい」とは、おこがましくて申し上げられないのが残念である。 

1月

kaze-no-katami.hatenablog.jp

2月

kaze-no-katami.hatenablog.jp

3月

kaze-no-katami.hatenablog.jp

4月

kaze-no-katami.hatenablog.jp

5月

kaze-no-katami.hatenablog.jp

6月

kaze-no-katami.hatenablog.jp

7月

kaze-no-katami.hatenablog.jp

8月

kaze-no-katami.hatenablog.jp

9月

kaze-no-katami.hatenablog.jp

10月

kaze-no-katami.hatenablog.jp

11月

kaze-no-katami.hatenablog.jp

12月

kaze-no-katami.hatenablog.jp

  

 末筆ながら、皆様にとって2020年が素晴らしい年になりますように。

      f:id:kaze_no_katami:20191209160029j:plain

続 クリスマスはディナーショー

今週のお題「クリスマス」に因んで。

 前回の「クリスマスはディナーショー」を読んだ知人から「後編を待っています」と連絡があった。私としては、この件は既に完結したものと考えていたが、そう言われてみれば確かに『求められているのは、会場の雰囲気や料理、そして歌や演奏など、要するにディナーショーとは如何なるものか』なのだという気がしてきた。

 しかし、通常のコンサートと同様、ショーの撮影や録音は当然禁じられており、かと言ってセトリやMC等を小まめに記録していたのでは、肝心なショー自体を楽しめなくなってしまう。

 という事で、本来これを書く心算は無かったのだが、親愛なる読者諸氏の要望に応えるべく(?)、公開が許される範囲内の情報を、可能な限りここに開示する事とした。

 

 さて12月24日17時20分、サラ・オレインのクリスマス ディナーショーが行われる第一ホテル東京に到着。   

        f:id:kaze_no_katami:20191225041128j:plain

 ここはかって新橋第一ホテルといい、高級ホテルとして昭和13年に竣工したが、その後老朽化が進み、ビジネスホテルに毛が生えた程度感が否めなかった。現在の建物は1993年に5つ星ホテルとしてリニューアルオープンしたものである。

 会場は五階にあるボールルーム「ラ・ローズ」。一応、事前にホテルのホームページで内部を確認

      f:id:kaze_no_katami:20191225042535j:plain

 「えっ、呉越同舟の相席か。何やら結婚披露宴会場のよう」とは言え既にチケットを購入済なので行くしかない。

 案内では17時30分開場となっていたが、10分遅れで中に入る。                  f:id:kaze_no_katami:20191225045659j:plain                      f:id:kaze_no_katami:20191225045802j:plain

 実際はもっと沢山の花が届いていると思う。もしこれが全てであれば私も送っておけば良かったと後悔。

 自分の席につく。やはりこれはどう見ても結婚披露宴会場だろう。    

          f:id:kaze_no_katami:20191225050236j:plain   

 席からの眺めはこのような感じ、まあまあステージは近い。         

                             f:id:kaze_no_katami:20191225050349j:plain     

 ディナーは18時から。     

                           f:id:kaze_no_katami:20191225051241j:plain

オードブルは、海老と蟹のタルタルのテリーヌ サーモンのミキュイ スパイス香るクリーム オレンジのヴィネグレット

          f:id:kaze_no_katami:20191225051442j:plain

真鯛と帆立ボアレ アワビの蒸し焼き  ブルゴーニュ風ガーリックハーブバターソース

          f:id:kaze_no_katami:20191225051415j:plain

牛フィレ肉のアーモンドパネロースト 炒めオニオンのキャラメリゼ風味 濃縮されたフォンドボーのエッセンスと共に 写真を撮る前に肉に手をつけてしまった。

          f:id:kaze_no_katami:20191225051510j:plain

カーディナルシュニッテンと木苺のガナッシュ

 上記の他にアルコール類のドリンク、コーヒー、パンが付く。元より期待はしていないものの、期待通り可もなく不可も無い味。料理が目当ての同伴者は不機嫌そうに「この間行ったロブションの方が美味しい」と言う。そりゃあ正真正銘の三ッ星レストランと比較するのは酷だ。

 そしていよいよ19時からショーが始まった。先ずステージのサラ・バンド(Dr. B. pf. gt. vn. の五人編成)が演奏を開始すると、サラ・オレインはキラキラ輝く白いドレス姿で、会場後方から「ホワイト・クリスマス」を歌いながら登場、客席を回り要望に応じて握手などをする。

 やがて彼女がすぐ側に来た。しかし少なくとも相手はミュージシャンなので、私は間違っても商売道具の手を不用意に握ったりはしない。手のひらを向けると軽くタッチしてくれた。それを見た同伴者は「割とミーハーね」だと。勿論、こちとら鈴木康博のライブでは、見に来ていた元オフコースのベーシスト清水仁と握手だってしているのだ。

 そして彼女はステージに上がり、季節感のあるこの曲を歌った。 


サラ・オレイン - 「ウィンターワンダーランド」(映画『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』主題歌)フル・ヴァージョン

 その他、クリスマスソングの定番、ワム!の「ラストクリスマス」と山下達郎の「クリスマスイブ」のメドレーやバイオリン演奏、変わったところでは「越冬つばめ」を披露。ジャズ風からハードロック風までバライティーに富んだ編曲。同伴者は「何がやりたいのかわからん」との事。

 バックバンドの編成は一般的感覚からすれば、バイオリンの代わりに音の厚みが増すキーボードではないかと思う。だが、このバンドのバイオリンはワウワウペダルを使ったりして面白い音作りを聞かせてくれた。

 そうこうしている内に時間は過ぎ、彼女はハープの弾き語りも披露したりして取敢えずショーは終了。お約束のアンコールではサンタ風の赤い服に着替えて「きよしこの夜」。そしてラグビーワールドカップのテーマソング「World In Union」を熱唱し、午後9時、この日の全てのプログラムは終了した。


World In Union

 ディナーショーという形式のせいか、観客の平均年齢は総じて高いように思えた。もし美味しい料理だけを望むのならレストラン、音楽を追求したいのであればコンサートホールに行くべきだろうと思料する。

 ただサラ・オレインが今後益々メジャーになれば、このようにアットホームな雰囲気で見聞きする事も困難になるだろう。料金は決して安いとは言えないにせよ、一度位は経験するのも悪くはないかも知れない。

 ところですっかりご機嫌ナナメの同伴者には、抜かりなくサプライズ・プレゼントを用意して難なきを得た。サラ・オレインのお陰で、今年のクリスマスは大散財である。

       f:id:kaze_no_katami:20191225073112j:plain