YS11の想い出

 1979年に大学を卒業した私は、その後、学友二人と共に殆ど毎年、観光&グルメ旅を

続けていた。1985年夏、当時の東亜国内航空の格安ツアー「コーラル・アイランドへ」

を利用し、沖永良部島へ旅立った。ところが台風接近の影響を受け、経由地、鹿児島で

足止めをくらい翌日YS11で島へ飛んだ。初めて乗る機体は思った以上に小さく、いく

ら名機、零式艦上戦闘機を設計した堀越二郎の作とは言え、不安が残る。おまけに搭乗

前、各人の体重聞き取り調査があり、後から聞いたその理由は、その重量合計から搭載

燃料の数量を決めると言う。若干過少申告をした私は気が気で無かった。

 はたして離陸すると飛行高度は低く、荒天に煽られ機体は揺れまくり、眼下に見える

海面は白波が立っている。漸く沖永良部島空港に着陸、減速中に右からの突風で滑走路

脇の芝生に少し入り込んだ。御巣鷹山の大惨事直後で、特に指示も無いのに思わず安全

姿勢をとった。YS11に乗ったのは後にも先にもこの往復だけだった。

 以上今朝、ネットの毎日新聞記事、「YS11:3年ぶり離陸へ 高松空港から能登空港

へ」を見て想い出した事。

     f:id:kaze_no_katami:20180511153656j:plain