Manifest der Kommunistischen Partei 

 人には「思い込み」というものがあって、なかなか上書きが効かないものである。私の知人の最初の思い込みは未だ幼稚園に行く前、家にあった電蓄で聞いた「東京のバスガール」という歌の歌詞を間違って覚えた事だったという。

 その歌詞は、

    若い希望も恋もある

    ビルの街から山の手へ

    紺の制服身に着けて

    私は東京のバスガール

    発車オーライ

    明るく明るく走るのよ

というもので、勿論幼児の彼は意味など全く理解していなかったが、終わりの部分だけ覚えてしまってよく歌っていたそうだ。

 だが、何故か「明るく」を「赤来る」と、今であれば志位委員長が泣いて喜ぶような間違いを犯し、その度訂正を受けながらも、決して最期まで日和らず転向することは無かったらしい。

 先日、テレビの「徹子の部屋」という長寿番組にこの歌の歌手「初代コロンビアローズ」が出演していたらしく、もしそれが本当ならば多分相当な高齢と思われるが、元気なのだろうか。 

    f:id:kaze_no_katami:20180912015353j:plain

 おや、旗を間違えたようだ。何やら文章も画像も支離滅裂になってしまった。

尚、私はガスパールをバスガールと見間違い、長年に渡って筒井康隆の長編小説のタイトルを「朝のバスガール」と信じ込んでいた。