一番大切な写真

 これまで何度かこのブログに自分で撮った写真を、如何にも自信ありげに投稿した。では写真が趣味かと言うと、特段そういう訳でも無く、知識、技術、機材等ことごとく素人の域を脱していないし、そんな事は言われなくても充分自覚している。

 それでも出来るなら、多少なりとも印象に残る画像を残そうと常に心掛けており、真面目に撮影したい時は、廉価品ではあるが一応、ニコンデジタル一眼レフカメラを持参する。だがそれには、何やら悲しい性 (さが) のようなものを感じてしまう。

 実を言うと私は高校生の頃、写真部に籍を置いた時期があって、現像液や定着液の臭いが充満する暗室に籠り、大した出来でもない写真を、白黒印画紙にプリントした経験もある。

 その頃は、ゼンザブロニカというフォーカルプレーンシャッターの一眼レフカメラを使っていたが、これは自分の持ち物ではなく、父親が使わずに放置していた物を、勝手に持ち出していたに過ぎない。

 このカメラの特徴は何と言っても、ブローニー (120フィルム) と呼ばれる一般的ではないフィルムを用いる事で、写真1枚当たりのフィルムサイズは6cm x 6cm。これは引き伸ばせば伸ばす程その威力を発揮するが、何と一本12枚しか撮れないという代物であった。従って全くもって扱い辛く、フィルム代はかさむし親爺が放っておくのも当然かと思われた。

 しかし一見、名器ハッセルブラッドを思わせる形状といい、通常のシャッター音の「カシャッ」が、「バシャッ」と聞こえるくらいの大きさといい、そんじょそこらの一眼レフカメラなど正に鎧袖一触。まるで密閉型やバスレフ型のスピーカーを駆逐する、バックロードホーンのような強力な破壊力を持っていた。つまり要は持っているだけで、それなりの恰好が出来たのである。

 更に恰好をつける為、交換レンズも欲しいと考え、新宿のヨドバシカメラへ行ってみたりしたが、あまりに高額でとても手が出せない。尚、同店はその頃はその名の通り、カメラの他に写真に関する様々なアクセサリーも取り扱う専門店で、ここに来れば大概の物は揃った。 f:id:kaze_no_katami:20191026191208j:plain

写真はゼンザブロニカS2(いまだに完動、1/1000秒のシャッターが切れる)

 因みに当時は学内にも写真やカメラに凝る生徒は多く、もしかしたら流行していたのかも知れない。そして彼等にとって、一眼レフと200mmの望遠レンズという組み合わせが必須アイテムであり、また垂涎の的でもあった。

 そのうち私は、次第に大きなカメラを持ち歩くのが面倒になり、ジャーニーコニカと呼ばれたコニカC-35を主に使うようになったが、意外とこのカメラで撮った写真は、いい感じがする物も多かった。

 ところで写真は、芸術性はともかく、何と言ってもモノクロよりはカラーの方が圧倒的に情報量が多く、視覚に訴える力も遥かに上回る。あのポール・サイモンでさえ「コダクローム」という曲で「Everything looks worse in black and white」と歌っているくらいだ。今にして思えば何故あの頃、白黒に拘っていたのか不明である。

 その後、デジタルカメラが発売されると、私は早速オリンパスCAMEDIAを入手。それを持って欧州5ヵ国を回ったところ、何処へ行っても多くの外国人が、奇異な眼差しでそれを見ていた。まさに技術大国「日本」の面目躍如である。 

  最近は「インスタ映え」という言葉が示す通り、高性能なカメラを搭載したスマートフォンが普及し、それこそ一億総カメラマンの感がある。かく言う私も取敢えずインスタグラムに登録しており、レストラン等で問題が無い限り、美味しい料理があれば、思わずカメラを向けている事も多い。つい先日、最新のiPhone11に機種変更したので、今後が楽しみである。

 また、歳を取ったせいか、景勝地で若いカップルが互いに撮り合っている姿を見ると、ついつい「シャッターを押しましょうか」などと言って、お節介を焼いてしまったりもする。

 勿論、先方から頼まれる事もしばしばある。そしてそれはきっと、私が首から下げている黄色い「Nikon」の文字がある、黒地のストラップのせいだという気がしている。流石に世界のニコン日本光学の力は絶大だ。多分、これがCanonであっても同様かも知れないが、私は所持していないので分からない。

 以前、北京の天壇公園へ行った際、私はその時もニコンを首から下げて歩いていた。するといきなり私の手を引く者がいる。見ると団体客のワッペンを着けた小柄な老人が、自分のカメラを私に渡そうとしながら、中国語で何か言っている。その先の方には同じく老婦人が立っていた。恐らく地方から首都観光にやって来た夫婦なのだろう。どうやら私に二人の写真を撮って貰いたいようだった。

 手渡されたカメラは昔ながらの銀塩カメラで、ピントらしきものを合わせシャッターを切ったが、デジタルではないので、間違いなく撮れているか確認のしようがない。

 その時はそのまま慌ただしく別れた。だが後になって考えてみると、「彼等にとっては一生に一度の旅行だったかも知れない」と思うようになった。その記念写真を撮影するという大役を担ったのだ。

  そして私は次第に不安になってきた。しかし今更どうする事も出来ない。

 もう何年も前の昔話なのに、ニコンのストラップを見ると、何故か未だにその光景が鮮やかに蘇る。願わくばあの写真が確実に写っていて、彼等の想い出に色を添える事が出来たと信じたい。

f:id:kaze_no_katami:20191026163205j:plain

写真は天壇公園(北京)2004年10月